憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

いつなの?仮想通貨の買い時(´・д・`*)

暗号通貨のニュース

いつなの?仮想通貨の買い時(´・д・`*)

基本的に仮想通貨の投資手法は2つに大別されます


テクニカルと、ファンダメンタルです

これらは投資タイミング(買い時や売り時)を
見定めるための分析方法のことであります

テクニカルとは投資対象の
価格変動チャートを分析する手法です

つぶさにチャートを観察しながら、
価格の上がり下がりを予測します

これには【経験】が必要です


そのプロのトップトレーダー達が
どういう目線で見ているか?

興味ある方はコチラをご参考ください


一方、ファンダメンタルとは
投資対象の情報をキャッチし
価格の変動を分析する手法です

仮想通貨であれば、投資するコインの
価格に影響しそうな情報を調べて
売買する銘柄を決定するという感じです


ちなみに仮想通貨投資においては、
価格変動が大きく変動する期間が短いため、
テクニカルよりファンダメンタルが
有効であると言われております


そのため仮想通貨投資の秘訣は…

正確で有益な情報をいち早く入手すること


それが投資成功の鍵を握ることとなります。


ではでは、果たしてどのような情報が
仮想通貨の価格変動に影響をあたえるのか?

仮想通貨の買い時っていつ?

買い時の情報とは「期待性の持てる情報」です


仮想通貨市場は「期待で膨らみ、現実でしぼむ」と
言われますが、特定の情報にその仮想通貨の
将来性を感じることができれば、
購入する人が増え結果的に価格が上昇します


例えば…

(1)ハードフォーク情報

ハードフォークの情報は価格変動に大きな影響を及ぼします


事実、昨年2017年はビットコインの
ハードフォーク(分裂)によって、
何度も何度も価格が乱高下しておりました
またハードフォークによって、
新しい仮想通貨が誕生する時には、
分裂前に保有していたコインの数だけ、
新しい仮想通貨が無料配布されることがあります

この無料配布により資産を増やした人も多く
ハードフォークの情報を得ると、
ハードフォーク対象の仮想通貨を
買う人たちが増え、価格の上昇傾向が予測されます

(2)流通量の規制

仮想通貨は流通量があらかじめ決まっております


しかしリップルのように企業が発行元となる
中央集権的な仮想通貨に関しては、
増えすぎた通貨の流通量をなくす「Burn/バーン」

保有コインの売却を阻止する
「Lock up/ロックアップ」などが行われることもあります

上記のような流通量の規制が実施されると、
流通量が減り市場に出回る通貨量を
算出しやすくなるそうです


そのため投資の安全性が高まり、
購入者が増え、価格が上昇しやすくなります

(3)政府や大手機関との連携情報

仮想通貨はその特性や性能によって、
決済システムとして活用されることも多く
政府や大手銀行に導入されることもあります


昨年もイーサリアムを国家戦略に組み込むことや
メガバンクの送金スキームにリップルを採用する
などの情報が流れ、劇的に価値が高まったりしておりました

(4)イベント情報

仮想通貨はシステムの開発チームや、
プロジェクトの運営チーム、
コミュニティに属する人たちの
働きかけによって価値が高騰することもあります

プロジェクトの会議を公的な場で開催したり
新しい情報を発表する場を設けることで
期待感が高まるわけです


実際、昨年度もさまざまな仮想通貨が
それらのプロモーションによって、
劇的な価値高騰を実現しました


そのため投資対象としている仮想通貨においては
以下のようなイベント情報をチェックするべきです

・サミット(首脳会議)
・コンセンサス(決起集会)
・カンファレンス(会議,協議会)
・エキスポ(展示会)


(5)取引所への公開情報

取引所への公開(上場)情報は、
非常に大きな影響をもたらします


特に国内外の有名な仮想通貨取引所で
取扱開始されることが決まった場合、
価格の上昇はほぼ間違いありません

(6)仮想通貨の誕生日

これは番外編でもありますが、仮想通貨の
中には、根強いファンを持つ銘柄も多いです


例えば、モナコインは国内のファンが多く、
日本のマイナー(採掘者)がほとんどであるため
内需産業として期待されたりしています


そういった強烈なファン層を抱えている
仮想通貨は、開発日を誕生日とみなし
ファンの方々が一斉に購入することもあり
瞬間的な価格高騰を起こすことがあります


アナタもゼヒ参考にしてみてくださいね!


1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ