暗号通貨の前に、そもそも『お金』って何?

暗号通貨(ビットコイン)

暗号通貨の前に、そもそも『お金』って何?

『お金』は変わる?!


仮想通貨、暗号通貨

その前に、まず通貨

つまり『お金』って何でしょう?



このお金自体への理解が進むと
より仮想通貨・暗号通貨への理解も深まります


人類の歴史を振り返ると
実は『お金』というものが
何回も姿を変えているということが分かります


紀元前あたりでは
主流だったのは物々交換でしょうか?

この時代ではまだ『お金』という概念が
ないですねヾ(´^ω^)ノ♪


500年あたりから『貝殻』や『綺麗な石コロ』が
『お金』としての価値を持っていました


中世まで進むと『金貨』を中心に
金・銀・銅などの鉱物が『お金』として流通しました
日本では『小判』です


時代が進むにつれて
人類は経済発展してきました


より便利になろう
もっと便利になろうという意気込みのもと

経済が発展するということは
当然ですが市場に出回る『お金』は増えます

産業革命や多くの侵略戦争を経て
1700年以降目覚ましい勢いで経済は成長しました


その成長に追いつくために『お金』として
流通したのが『紙幣』ですね

金などの鉱物は埋蔵量が限られており
なおかつ掘り出すのも大変です(*゚Д゚)

そしてそこから鋳造する手間暇を考えると
経済の発展スピードにまったく
追い付けなくなってしまいました


そこでより安易に
より大量に発行できる『紙』という訳です

実はその紙幣も一度大きな変化がありました



1970年代のニクソンショックです

紙幣は、『金』に交換できる
兌換紙幣(だかんしへい)から

交換できない不換紙幣(ふかんしへい)
になりました


これが今流通している『お金』というものです

こうして見ると
本当に何回もカタチを変えてるのですね^^


正確に〇〇年の〇月〇日から
変わるというものではなく

時代時代の変化

世界情勢と共に歴史を振り返ったときに
「あぁ、あの時くらいから変わったなぁ」
とそんな認識なのでしょう

『お金』が変わる瞬間!!!

そして気になる暗号通貨
インターネット上のお金ですが、登場は2008年


まずはこちらの動画をご覧ください↓↓



「ナカモトサトシ」と名乗る人物が
論文を発表したのをキッカケに
世界中のプログラマーから精査されて
市場に出回り始めました。。。


まだ流通し始めて10年も経っていない
しかし爆発的に
その規模を拡大している暗号通貨


なぜ日本ではあまり流通せず
海外では流通しているのか?


そのあたりについては
詳しく知りたい方はコチラ↓↓




とにかく人類の歴史の中でもそうそうない
まさに『お金』という概念が変わる時代に
直面しているというこの事実!!!

大体この時代の変化の歪には
必ず大きなチャンスが生まれます!!!

歴史の教科書ですと『世界恐慌』とか
『〇〇戦争』なんて言葉ですが、

その裏に莫大なお金が動いていて
莫大な財を築いてる存在があります


いち早く気付けるかどうかで
本当に変わります☆(ゝω・)vブイッ!!


ビットコインを今すぐ購入する↓↓

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ